ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR磯原駅

磯原駅 雨情作品の歌詞プレート
磯原駅舎(左) 駅舎内には「七つの子」をはじめとした雨情作品の歌詞プレートがある(右)
七つの子
(JR常磐線磯原駅 発車)
ホーム 曲名
すべて 七つの子[動]

 茨城県北茨城市の磯原は、多くの童謡を作詞した野口雨情(1882-1945)の出身地。2002年5月24日からJR磯原駅では、彼が作詞した童謡「七つの子」が発車メロディーに使われている。同年に野口雨情生誕120周年記念事業が行なわれ、この一環として「雨情のふるさとで彼のメロディーを使えないか」と県がJR東日本水戸支社に打診し実現した。「誰もが知っていて、明るくテンポのいい曲」(茨城新聞より)であることから数ある作品の中から選ばれた。メロディーはオーケストラ演奏の音源を切り取ったものであるが、長さが1分に及ぶため普段は最後まで流れることはまずない。
 ちなみに「カラスの勝手でしょ〜」は、1980年ごろにコントグループ「ザ・ドリフターズ」の志村けんがテレビ番組内で歌ったことで子供たちに流行った替え歌だが、当時かなり印象に残ったのかこれは今でも歌い継がれている。

 同じ常磐線内では、湯本駅でも野口雨情ゆかりの地ということから、童謡「シャボン玉」が発車メロディーに使用されている。
(参考:2002年5月26日茨城新聞)

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る