ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR石岡駅

茨城県フラワーパーク 石岡のおまつり
茨城県フラワーパークのバラ(左、写真:茨城県)
「石岡のおまつり」で街を練り歩く幌獅子(右、写真:茨城県観光物産協会)
石岡市の曲
(JR常磐線石岡駅 発車)

ホーム 曲名
1番線(下り) バラが咲いた[動]
2番線(上り) ここで君を待ってるよ[動]
3番線(上り) 石岡のお囃子[動]

 茨城県石岡市では2016年9月1日から、市の玄関口であるJR常磐線石岡駅の発車メロディーを市にちなんだ楽曲に変更した。石岡駅は3月に新駅舎が開業したばかりで、市が進める駅周辺整備事業の一環として行われた。

 1番線の「バラが咲いた」は歌手・マイク眞木(1944-)の曲。石岡が「茨城」という県名発祥の地であり、県花がバラであること、市内にある茨城県フラワーパークの名物がバラであることにちなんだ選曲。マイクは県の「いばらき大使」も務めている。
 2番線の「ここで君を待ってるよ」は、かつて石岡駅前ではぐれた飼い主を17年もの間待ち続けていたという「忠犬タロー」の実話を基にした曲。作詞・作曲を手掛けたのは県に縁がある坂本九(1941-1985)の娘で歌手・大島花子。
 3番線は「石岡囃子」で、市内で毎年9月に開かれる「日立國總社宮大祭(通称、石岡のおまつり)」で演奏される祭囃子。関東三大祭りの一つに数えられ、市を代表する行事となっている。発車メロディーでは土橋獅子舞の「乱舞(らんぶ)」の部分をアレンジしている。

 選曲は市が設置した検討会が行なった。2・3番線のメロディー制作は株式会社スイッチで、作曲家の福嶋尚哉氏がアレンジした。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る