ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR石和温泉駅

JR石和温泉駅
新しくなったJR石和温泉駅。東京・新宿から特急で1時間半の距離にあり観光客も多い
武田節
(JR中央本線石和温泉駅 発車)
ホーム 曲名
1番線(下り) 武田節 verA[動]
2番線(上り) 武田節 verB[動]
   
 山梨県笛吹市にあるJR石和温泉駅では、新駅舎及び自由通路の全面開業にあわせ、2016年2月10日から同駅の発車メロディーを新民謡「武田節」に変更した。市を訪れる観光客へのおもてなしを目的に行なうもので、曲は市役所や市の公式サイトで行なわれた一般応募によって選ばれた。
 「武田節」は1961年に演歌歌手・三橋美智也(1930-1996)が歌った曲。甲斐国(現在の山梨県)生まれの戦国武将・武田信玄(1521-1573)率いる軍の出陣の様子が歌われており、曲中では信玄が軍旗に記したとされる「風林火山(孫子の兵法)」の詩吟が読まれる。同市石和町はかつて、甲斐国における政治・経済の中心部だったところで武田氏との縁も深いほか、同市御坂町は作詞者である米山愛紫(1906-1973)の出身地。また市内に「川中島」という地名があることから、武田軍と上杉軍との「川中島の戦い」にちなんだイベント「川中島合戦絵巻」が毎年4月に開催されている。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る