ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー
JR人吉駅

 
犬童球渓と球磨地方の歌
(JR肥薩線人吉駅 発着 特定列車)

期間 ホーム 曲名 備考
当初
(2000年頃まで)
すべて 故郷の廃家
現在不使用
唱歌。人吉市出身の詩人・犬童球渓が作詞。
元はアメリカ歌曲。
その後 旅愁
現在不使用
同上。
人吉市出身のソプラノ歌手・水野貴子氏が歌ったもの。
球磨川
現在不使用
美しい球磨川の景観を歌った曲。
作詞は人吉市在住の画家・坂本福治、作曲と歌は歌手・さとう宗幸。
五木の子守唄
現在不使用
熊本県民謡。
近隣の五木村に伝わる子守歌で、県民謡の代表格。
球磨の六調子
現在不使用
熊本県民謡。
球磨地方での祝い事や宴席で歌われる。
※すべて急行のみ

 熊本県のJR人吉駅ではかつて急行列車の発着時、地元にちなんだ音楽が流れていた。
 当初流れていたのは唱歌「故郷の廃家」で、人吉市出身の詩人・犬童球渓(いんどう きゅうけい・1879-1943)が作詞した曲。犬童は西洋の曲の翻訳作詞に力を入れ、この曲もアメリカ歌曲に日本語の詞をつけたもの。1907年に発表された「中等教育唱歌集」に掲載されたことで広く歌われるようになった。観光施策の一環として「故郷の廃家の里」をPRしようと、市がホームと駅舎にスピーカーを設置し放送していた。
 1999年5月、駅舎のスピーカーが何者かに盗まれる事件が発生。行方は分からず終いで、その後新品を設置した。2000年4月頃には楽曲を変更。犬童作詞の唱歌「旅愁」をはじめ、2003年に歌詞を公募し、「青葉城恋唄」のヒット曲で知られる歌手・さとう宗幸が作曲した「球磨川」、県民謡「五木の子守唄」「球磨の六調子」の4曲となっていた。
(参考:1992年7月21日読売新聞東京版夕刊、1999年5月19日同紙熊本版、2000年4月13日同版)

ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー へ戻る