ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR弘前駅

弘前駅
弘前駅舎(左) 駅構内には弘前名物「ねぷた」が飾られている(右)
津軽じょんがら節
(JR奥羽本線・五能線弘前駅 発車)

ホーム 曲名
すべて 津軽じょんがら節[動]

 青森県弘前市のJR弘前駅では駅舎リニューアルにあわせ、2004年12月12日から津軽三味線で演奏した「津軽じょんがら節」を発車メロディーに使用している。「弘前を訪れた観光客に『津軽三味線の里に来たんだ』と感じてもらおうと」(朝日新聞より)、当時の駅長の発案によって実現した。
 流れる音は人間の手による生演奏を収録したものであり、三味線独特のさわりの響きと力強い音色が楽しめる。メロディーの制作と演奏は同県板柳町出身の津軽三味線奏者・福士豊勝氏。実際の曲は8分強にも及ぶが、メロディーはじょんがら節のうちの「新節」というバージョンを短くまとめたものである。
(参考:2004年11月29日朝日新聞秋田版)

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る