ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー
西武鉄道東村山駅

東村山駅
東村山駅
東村山音頭
(西武新宿線東村山駅 発車 期間限定)

ホーム 曲名 備考
5・6番ホーム(新宿線上り) 東村山音頭 Ver1[動] 現在不使用
4番ホーム(新宿線下り) 東村山音頭 Ver2[動] 現在不使用

 東京都東村山市では、地元の民謡「東村山音頭」を2014年12月1日から2016年3月31日まで西武鉄道東村山駅の発車メロディーにした。
 「東村山音頭」は、郷土の民謡をつくりたいという思いから1961年に制作された曲。現在も夏祭りでは盆踊りの曲として市民から親しまれている。1976年には同市出身でコントグループ「ザ・ドリフターズ」の志村けんが、当時の人気番組「8時だョ!全員集合」の中でこの曲の替え歌を歌ったことで全国的に知られるようになり、市長からは感謝状が贈られている。
 「知名度があるこの曲を発車メロディーにしてはどうか」という案は以前からあったが、2014年に市制50周年を迎えたことで機運が高まり、この記念事業の一つとして実現した。市は制作費など予算87.7万円を用意した。メロディーの制作は、アニメソングなどを数多く手掛ける同市在住の音楽プロデューサー・UZA氏。上りホームが歌い出し、下りホームがサビ部分である。

 市としては継続使用を要望したが、同駅の高架化工事が本格化するために使用を終了。ダイヤ改正で特急列車の乗り場が変わり利用者が混乱する恐れもあることから、西武側の意向で取りやめたという。高架化工事は2024年度完成を見込んでおり、市は、完成の暁には再びメロディーを採用してもらえるよう協議する考えだという。

ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー へ戻る