ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー
JR函館駅

ハリストス正教会と函館の海
函館は異国情緒あふれる街並みで人気の観光地(写真:函館市観光部)
函館オリジナル曲
(JR函館本線・津軽海峡線
(廃止)函館駅 発車 特定列車)

ホーム 曲名 備考
すべて 旅立ちの鐘[動]   特急のみ
旅立ちの鐘 現在不使用
船の汽笛入り

 北海道函館市のJR函館駅では、1990年12月1日から発車ベルをオリジナルのメロディーに変更した。
 当時は発車ベルがうるさいという声が多く寄せられていたことや、全国的にも発車ベルを廃止する動きがあったことから、JR北海道でも静かな駅づくりに取り組んでいた。旭川駅(同旭川市)では同年9月1日から試験的に発車ベルをピアノのメロディーに変更し、更に11月30日をもって全ての駅で改札終了を知らせるベル及び発車ベルの使用を取りやめた。しかし函館は異国情緒あふれる街並みや、戊辰戦争終結の地で知られる五稜郭など、歴史を感じさせる人気の観光地。「観光客の思い出になるメロディーを」(北海道新聞より)と発車メロディーの採用を決めた。制作したのは当時の男性駅員。「旅立ちの鐘」と題されたオリジナル曲で、「教会の鐘や船の汽笛、海に面した函館の情景をシンセサイザーで表現」(同新聞)しているという。

 現在は特急列車に限って流されているが、深夜帯の列車では使用されない。以前はごく稀に、冒頭に船の汽笛が入ったバージョンが使われていた。また2003年夏からの一時期は、青函トンネルにあった吉岡海底駅(現在廃止)でのイベント開催にあわせて、メロディーを変更していたことがあった(「ドラえもんイベント企画」を参照)。

 ちなみに発車メロディーの採用前は、夏に限って快速「海峡」の発車時に、かつての青函連絡船の出港合図に使われていたドラの音を流していたことがあった。そのため発車ベルの廃止を決めた当初は、このドラの音を他の列車に使うことも考えられていた。JRでは他の主要駅でもメロディーを採用するとしていたものの、結局変更されたのは函館と旭川の2駅のみ。旭川駅のメロディーはのちに廃止されたため、道内のJRで発車メロディーを使うのは当駅のみとなっている。
(参考:1990年11月29日北海道新聞函館版)

ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー へ戻る