ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR八王子駅

上恩方町
雨紅が生まれた八王子市上恩方町は、東京とは思えない山あいにあり、今でも昔ながらの町並みが残る
夕焼け小焼け
(JR中央線・八高線・横浜線八王子駅 発車)
路線 ホーム 曲名
八高線 1番線(高麗川方面) 夕焼け小焼けverC[動]
中央線 2番線(上り) 夕焼け小焼けverB[動]
3番線(上下) 夕焼け小焼けverD[動]
4番線(下り) 夕焼け小焼けverA[動]
横浜線 5番線(東神奈川方面) 夕焼け小焼けverF[動]
6番線(東神奈川方面) 夕焼け小焼けverE[動]

 多くの童謡を手がけた作詞家・中村雨紅(1897-1972)が現在の東京都八王子市出身であることにちなみ、彼の代表曲「夕焼け小焼け」が2005年12月25日からJR八王子駅の発車メロディーに使用されている。
 この曲は彼が生まれ育った同市恩方地区をイメージして作詞されたと言われている。彼の生家近くには西東京バスが「夕焼小焼バス停」を設置(飾りなどではなくちゃんと乗降できる)しているほか、バス停そばにある「夕やけ小やけふれあいの里」では中村雨紅に関する資料を展示している。
 メロディーの制作は(株)サウンドフォーラム。ホーム別に曲全てのバージョンが違い、音色はストリングから笛までさまざま。夕方の防災無線のチャイムとしても定番の曲で聞き慣れてはいるが、朝から晩まで夕焼けもどうかと思う。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る