ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR行田駅

行田駅
行田駅
スターダスト☆レビュー
(JR高崎線行田駅 発車)

ホーム 曲名 備考 使用期間
1番線(上り) 夢伝説 verA[動]   2013/10/1〜
2番線(下り)   2013/10/2〜
今夜だけきっと verA[外部]
(リンク先は当サイトとは関係ありません)
現在不使用 2013/10/1〜2

 埼玉県行田市は、活気と活力に満ちた賑わいのあるまちづくりに向けた施策の一つとして、市をイメージさせる楽曲をJR行田駅の発車メロディーにすることを2012年から企画。リーダーが同市出身の音楽グループ「スターダスト☆レビュー」の「夢伝説」が2013年10月1日から使用されている。
 スターダスト☆レビューは、1981年にメジャーデビューした4人組バンド。このうちリーダーの根本要氏が行田市出身で、他のメンバー3人も近隣の熊谷市や羽生市出身という縁もあり、2011年にはグループが行田市の観光大使に任命された。「夢伝説」は1984年に発売され、乳酸菌飲料「カルピス」のCMソングにも使われたグループの代表曲である。

 使用開始時点では、同じくグループの曲「今夜だけきっと」が2番線で使用されていたのだが、翌日昼に1番線と同じ「夢伝説」に変更され、わずか2日しか使われなかった。市では当初から採用曲を「夢伝説」としか発表していなかったため、何かの手違いがあったものと思われる。
 メロディーの制作は(株)スイッチで、作曲家・塩塚博氏がアレンジ。2曲それぞれのアレンジ違いを2バージョンずつ制作し、当初使われていた「今夜だけきっと」はそのうちの一つだった。使用に際して市はメロディーの制作費用21万円、著作権使用料として10万円を支出している。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る