ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線各駅
後免町駅
各駅にイメージキャラクターがあるごめん・なはり線。
後免町駅にはやなせ氏がが命名した「ありがとう駅」という愛称もある

手のひらを太陽に
(土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線各駅 接近)

使用駅 ホーム 曲名
各駅
(後免を除く)
すべて 手のひらを太陽に[動]
 
 高知県の第三セクター・土佐くろしお鉄道では2017年10月8日から、ごめん・なはり線(後免〜奈半利間)安芸駅の接近メロディーに「手のひらを太陽に」を使用している。12月頃までに後免駅を除く各駅も順次変更された。
 この曲は「アンパンマン」の原作者として知られる漫画家・やなせたかし氏(1919-2013)が作詞。やなせ氏は幼少期を現在の高知県南国市で過ごした。1962年にNHKの「みんなのうた」で放送され、その後童謡として広く知られるようになった。ごめん・なはり線の各駅ではやなせ氏が描いたイメージキャラクターが設定されているほか、お座敷対応車両は「手のひらを太陽に号」と名付けられている。同線の開業15周年を記念し、安芸車両基地での鉄道の日イベント開催にあわせて採用され、駅では記念式典も開かれた。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る