ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR福山駅

福山駅前のバラ花壇
福山駅前のバラ花壇。このように街中の至る所にバラが植えられている
百万本のバラ
(JR山陽本線・福塩線福山駅
 接近 季節限定)

区分 使用駅・
ホーム
曲名 備考
通常 下表を
参照
百万本のバラ[動]  
短縮バージョン 百万本のバラ[動] 現在不使用

 広島県福山市にあるJR福山駅では、1998年春頃から在来線のりばの列車接近放送にメロディーを採用した。福山駅では季節ごとに流れる曲が変わるという、全国でも珍しい放送を行っている。このうち春の期間では、福山市の「ばらのまちづくり」にちなみ、歌手・加藤登紀子(1943-)のヒット曲「百万本のバラ」が使用されている。
 広島県福山市では第二次世界大戦の空襲による被害から復興していたとき、住民が空き地にばらを植えて育てたのをきっかけに「ばらのまちづくり」を進めている。空き地は現在「ばら公園」として整備され、1968年からは毎年5月に「福山ばら祭」が開催されている。1985年には市の花に制定され、現在「100万本のばらのまち福山」を目指しさまざまな活動に力を入れている。ちょうどこの取り組みにも名前が通ずるヒット曲「百万本のバラ」は、1982年にロシアで発売されたもので、日本では1987年に加藤が日本語訳を歌ったことで有名になった。

 このメロディーはその後、同じ市内の備後赤坂駅と松永駅でも採用されたほか、市外の鴨方駅と里庄駅では曲を半分に短縮したバージョンも使用していた。しかし放送設備の交換等のため鴨方駅は2005年、その他の4駅も2012年2〜4月頃にかけて新しい放送と一般のメロディーに置き換えられた。福山駅のみ4月下旬頃から再び使用されている。

「百万本のバラ」使用状況(2012年5月現在)
駅名 ホーム 使用期間 備考
鴨方 旧3(現2)番
のりば(下り)
00年頃〜
05年終わり頃
短縮バージョン。
チャイムとベル音に変更。
里庄 1番のりば
(下り)
00年頃〜
11年3月頃
短縮バージョン。
11年3月頃、1番のりばから2・3番のりばに変更。
その後、一般のメロディーに変更。
2・3番のりば
(上り)
11年3月頃〜
12年4月頃
福山 3〜8番のりば 98年頃〜 春季限定。出だしが僅かにカットされている。
12年3月中旬頃〜4月下旬頃は一般のメロディーに変更されていた。
備後赤坂 1番のりば
(上り)
11年3月頃〜
12年4月頃
11年3月頃、2・3番のりばから1番のりばに変更。
その後、一般のメロディーに変更。
 
2・3番のりば
(下り)
00年頃〜
11年3月頃
松永 2・3番のりば
(下り)
00年頃〜
12年2月頃
一般のメロディーに変更。
注…本曲を使用していない途中駅は記載していない

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る