ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR豊後竹田駅


サンチャゴの鐘
(JR豊肥本線豊後竹田駅 発車)

ホーム 曲名
すべて サンチャゴの鐘[外部]
(リンク先は当サイトとは関係ありません)
 
 城下町である大分県竹田市の情感を歌った曲。曲名の鐘は同市に残る銅鐘(キリシタンベル)で、江戸時代初期につくられたとされる。国の重要文化財に指定されており、現在は市内の歴史資料館で保存されている。曲は1973年に歌手・舟木一夫(1944-)が歌い発売されたが、諸事情によりお蔵入りとなった経緯がある。この曲を復活させようと、作曲した船村徹(1932-)が自ら歌ったリメイク版が2012年に発売され、同時期に開催された「岡藩城下町400年祭」のテーマソングにも使用された。
 同市にゆかりのある曲として瀧廉太郎の「荒城の月」がよく知られており、以前からJR豊後竹田駅で到着メロディーに使用していた。市はCD発売を機にこの曲を「荒城の月」に続く第二の地元の歌として普及させることを狙っており、2013年8月4日から同駅の発車メロディーに使用している。この日は、2012年7月の九州北部豪雨により不通となっていたJR豊肥本線が1年ぶりに全線復旧した日であり、これを記念したイベントの一環として市の要望により実現した。
 メロディーはハンドベルによる演奏。2012年に秋田県のハンドベルグループ「ピース・オブ・ベルズ」が演奏を収録したCDを市に寄贈しており、これが使われていると思われる。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る