ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR有田駅

有田陶器市 碗琴
有田陶器市の賑わい(左) 演奏で使用されている「碗琴」(右)
有田のご当地音頭
(JR佐世保線上有田駅・有田駅 発車 期間限定)

使用駅 ホーム 曲名 備考 使用期間
上有田 すべて 有田皿山節[外部]
(リンク先は当サイトとは関係ありません)
イベント等
開催日のみ
2015年11月14日〜 
有田  有田音頭チロリン節[外部]
音源のみ
(リンク先は当サイトとは関係ありません)
有田音頭チロリン節 現在不使用 2008年6月頃

 有田焼の名産地である佐賀県有田町のJR有田駅では、有田焼の陶器を使った楽器「碗琴」で演奏したご当地音頭「有田音頭チロリン節」を2008年ごろに「発着音」として使用していた。
 「碗琴」は有田焼の茶碗や湯呑みなどを叩いて音を出す楽器で、透きとおった独特の音色を奏でる。「有田音頭チロリン節」は1967年制作で、作詞は西沢葵(1919-2000)、作曲は古賀政男(1904-1978)、そして歌は昭和の歌姫・美空ひばり(1937-1989)という、当時の歌謡曲を彩った大物メンバーが手掛けた。ひばりが唄ったご当地音頭は全国でもこの曲だけであり、地元では祭りなどで踊られてきた。制作と演奏は地元の碗琴奏者・筒井孝司氏。
 発案したのは当時の駅長・西田辰実氏。街の活性化のため、赴任した先でさまざまな企画を打ち出す「名物駅長」として知られ、2011年の「九州の駅弁ランキング」1位になった同駅の駅弁「有田焼カレー」の開発や、長崎県佐世保市のご当地グルメ「佐世保バーガー」の全国展開を手掛けた。
 2008年8月にテレビ番組「笑ってコラえて」でこの取り組みが紹介されたものの、それ以降使用されたか確認できていない。メロディーの使用は毎年4〜5月の「有田陶器市」、11月の「有田陶磁器まつり」、2〜3月の「有田雛のやきものまつり」等のイベント開催時期とのことであった。

 その後、同町のJR上有田駅で2015年11月14日から23日まで「上有田駅鉄道ふぇすた」が開催されたのにあわせて、JR上有田駅及び有田駅で発車メロディーが採用された。上有田駅の「有田皿山節」は、有田焼にちなんだ有田初のご当地民謡。「シャボン玉」「七つの子」などの童謡を手掛けた野口雨情(1882-1945)が詩をつけている。有田駅は「有田音頭チロリン節」が採用された。あわせて両駅にはそれぞれの歌碑も設置された。
 ただ上有田駅が無人駅で、自動的に放送される仕組みでないこともあり、「鉄道ふぇすた」期間中の放送は土・休日(14,15,21,22,23日)の10時から17時に限られた。イベントを主催した「Arita Ceramics Railway 町作りプロジェクト」によると、駅や町でのイベント開催時及び週末などにメロディーを使用するとのこと。ただし2016年11月27日を最後に使われたという情報はない。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る